« 2013比叡山ヒルクライム 参戦記_詳細編 | トップページ | ひとり大山満喫練 »

2013年6月 2日 (日)

ヒルクライムin若杉 参戦記

比叡山に引き続き、今週もレースです。
岡山県サイクルスポーツ協議会主催の
ヒルクライムin若杉に参戦してきました。
今年初開催の新イベント、若杉ってどこぞや、と
自分も最初思ったのだが、西粟倉村の若杉原生林に向かう、
すごく雑に言えばダルガ峰ヒルクライムの下山道を逆に登る+αなコース。

前泊しないイベントという方がなにげに久しぶりで、
前日の過ごし方や朝の早起きにあわあわしつつも、無事会場到着。
場所はダルガ峰HCと同じだし、個人練習でもよく行くところなので
その辺は問題なし。

20130602_5
メイン会場。田舎の方ほど豪華なゲートボール場あるよね

20130602_2
西粟倉村、気合い入ってます

20130602_1
リドレーさんほか、今日の出場マシン

受付を済ませ、HHさん、中華カーボン乗りさんやkitaさんなどお知り合いの方と
ご挨拶しつつ三本ローラーでアップ。
STRAVAでフォローさせていただいてる
Kさんや有名な剛脚O原さんともお話しすることができた。
O原さんに「あー、君がへにょ〜の人?」と言われたのが
恥ずかしいやら申し訳ないやら。。どうもすみません、へにょ〜。

そうこうしてるうちに開会式、そしてスタート地点へ。

20130602_6
開会式の様子

20130602_7
スタート3分前。ヒルクライムなのに痛ディスクの方がいる・・

自分はBクラスでの出走、人数の関係でスタートはAクラスとの混走、
約50人ちょいでの一斉スタート!
スタート直後はほぼ平坦、ここはなんとしても集団についていかなければ、
10人ちょっとの先頭集団の後方になんとか食らいつく。

が、集落に入って勾配が上がってくるとじりじりと離され始める。。へにょ〜。
スタート前に眺めてた痛ディスクの方にも後ろからブチ抜かれ、
若干心が折れそうになったが気を取り直し、
とりあえずここからは無理しすぎず心拍を見ながらの走行。
先頭集団は見えてはいるのだが追いつくのは厳しそう。
そうこうしてるうちに自分含む3.4人の小集団になり、
どうやらこの中での勝負になりそうだ。
そのちょっと前にも2人くらいいるのだが、無理して追いついても
あとがキツそう。どうするか。

といってるうちにあっという間に残り2キロ。
計測区間は6キロちょっとなので、展開が速い。
小集団の中、ひとりすごくペースを上げ下げして揺さぶってくる選手がいるのだが、
あまり釣られずでも切れないように、この選手を目標にして走る。
すると思ったより周りがドンドン落ちて来て、前に走ってた2人もなんとかパス、
最後はこの方との勝負になったが、残り200mくらいか、
一瞬相手が緩んだところをみて一気にアタック!
ゴールの看板が見えてるのでイキオイで行けるかと全力でもがいてたのだが、
ゴールと思ってた表示はよく見たら
「ゴール↑」となっててまだ先が、、ダマされた!!
その先はほんの50mくらいだったのだが、
その50mが長い長い!
最後はへろっへろになりながらなんとか小集団のトップでゴール。
いやあ追い込んだ追い込んだ。。
ゴール後は先週に引き、路面に倒れこんで動けないくらい。。
その中でスタッフのおばちゃんが
「うわー、えらかったじゃろう、おつかれさま〜。・・はいトマト」
って、、倒れた自分のアタマの上にトマト。。
あ、ありがとうございます、でも今は無理。。へにょ〜。

20130602_8
それでも写真は撮る。ブロガーの意地である

20130602_9
ゴール地点。今までで一番キツかったかも

ゴール後はその場でリザルト発表、表彰式。
走り終えた時点で前に10人くらいいたの分かってたし、
A,Bクラス混走なのでそれぞれ半分としても
自分の順位はよくてクラス5.6位かー、と
全然期待せず発表されたリザルトを確認したら、え?

24分03秒でクラス2位でした。

最初間違いじゃないかと何度も確認したくらい。
まさかのポディウムゲット!うわー、うわー。
表彰台自体は、以前一度優勝という記録があるにはあるのだが、
あれはクラスエントリー2人中1位というかなりしょっぱい経験だったので、
実質今回が初めてといっていい経験。
それでもトップとは3分差をつけられてるし、
総合では12位という成績なので、
冷静に分析すると正直運がよかったとしかいえないリザルトではあるのだが、
まあせっかくなので素直に喜ぶことにする。
長くたくさんレースに出てればたまにはこんなことあるんですな。

20130602_3
HHさんにお願いし、表彰風景を撮っていただく。表情固ぇ。。
あと、プレゼンターのおっちゃんに
「しっかし君はいろんなところに出没するのお」と言われる。ば、バレてる・・

20130602_13
表彰状。名前部分は本名なので一応。
レース前食べた一口羊羹に敬意を表する意味で

20130602_10
ちなみに総合優勝は関西地域の強豪チーム、サカタニの選手でした。
タイム21分。。レベルが違う、まだまだだ・・

と、エントリー人数や展開の妙があったにしろ、
今までで自身最高のリザルトを残せて大満足の今大会でした。
ちなみにレース後は家に戻らず関金温泉で一泊、のんびり過ごしてます。
自分へのご褒美ということで、たまにはいいよね〜。

・・え?いつもと同じですかそうですか、そうですね。。へにょ〜。

|

« 2013比叡山ヒルクライム 参戦記_詳細編 | トップページ | ひとり大山満喫練 »

レース・イベント参戦記」カテゴリの記事

ヒルクライム」カテゴリの記事

TOT(ツアーオブともじん)」カテゴリの記事

コメント

入賞おめでとうございます。
スタート地点ではすぐ近くに居てはったんですね。
写真にうちのメンバーが写っとります♪
比叡山に出たチームメイトが、このコースのほうがキツイと言ってました。
自分はともじんさんより10分おくれでゴールでした。しかし、あのゴールラインはあきませんよね!?
てっきりゴールかと思ったら、奥まで来てくださあい!と言われてヘロヘロになりました。
でもヒルクライムは楽しいですね♪

投稿: ヨシ | 2013年6月 3日 (月) 00時09分

クラス2位入賞おめでとう御座います!
表彰台上のぎこちないtomozinさんを見て和ませて頂きました。( ̄▽ ̄)ウフフ
これからのご活躍も期待してますよ~。

ご存じとは思いますが、プレゼンターの方は代表の辻本さんですよ。
あの方も色々な所に出没しているようで、去年の乗鞍にもゴール付近でカメラ構えてました。

そうそ、あざみの上りはグレーチングで転倒しないよう、お互い頑張りましょう!

投稿: kita | 2013年6月 3日 (月) 16時01分

ヨシさんコメントありがとうございます!
確かに比叡山より距離は短くて標高差は多かったので
なかなかキツいコースでしたね〜。
最後1キロはホント気力だけで走り切りました。

当日はご挨拶できずすみませんでした。
また次回ご一緒する機会があればよろしくです!

投稿: tomozin | 2013年6月 4日 (火) 12時11分

kitaさんコメントありがとうございます!
いやー、慣れない表彰台はレースのどの場面よりも緊張しました笑
入賞は嬉しいですが、ああいう場は昔から苦手ですね〜。。

プレゼンターは自分の時は違うおっちゃんだったんです。
まあ、辻本さんにもすっかり顔は割れちゃってますけどねえ。

富士国際でもご一緒できると聞いてすごく嬉しいです!
現地ではまたよろしくお願いします。
一緒に超激坂楽しみましょう!

投稿: tomozin | 2013年6月 4日 (火) 12時15分

2位入賞おめでとうございます。
日頃の練習の成果ですね。

誘っていただいた飯南ヒルクライムには参加出来ませんがダルガ峰には参加するので、都合の合う日に試走に行きましょう。
足手まといになるかもですが、ご指導お願い致しますm(__)m

投稿: saku | 2013年6月 4日 (火) 20時44分

sakuさんコメントありがとうございます!
ダルガ峰、いいですね!
あのあたりは他にもたくさんいいコースがあるので飽きずに走れますよ。
自分もよく練習(サイクリング)に行くので、
機会があればぜひご一緒しましょう、よろしくお願いします。

投稿: tomozin | 2013年6月 6日 (木) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒルクライムin若杉 参戦記:

« 2013比叡山ヒルクライム 参戦記_詳細編 | トップページ | ひとり大山満喫練 »