« ヒルクライムチャレンジシリーズ2011高梁大会 参戦記_前日詳細編 | トップページ | ひとりスーパーメディオフォンド津黒ステージ_リベンジ編 »

2011年10月31日 (月)

ヒルクライムチャレンジシリーズ2011高梁大会 参戦記_当日詳細編

前日詳細編のあらすじ
→ケミカルウォッシャーズ、大暴れ。

当日朝4時半起床。
数日前から天気予報見て覚悟していたのだが、
もしかしたら大丈夫かも、、という淡い期待もむなしく、

雨。

いや、自他ともに認める超雨男の自分、
でも今シーズンはここまで雨らしい雨は先週のちくさHCくらいで、
自分にしては異例ともいえる晴れ具合だったのだが、
最後の最後で、しかも一番気合いの入ってるイベントで、雨。
やはり自分はまだまだ雨男みたいです。へにょ〜。

ともあれ、ボヤいても仕方ないので、
さくっと出発、さくっと6時ちょっと前に到着。

20111030_2
会場全景、ってまだ暗いですよー

ほどなくすると夜は明けてきたが、雨は止むこと無く、
7時にはもう開会式なので、クルマ脇にローラーセットして、仕方なくカッパ着てアップ開始。
パレード走行はあるがどんなペースか分からないし、
こんな天気だからこそしっかりアップして身体暖めとかないと。

20111030_5
ちなみに会場駐車場は未舗装グラウンド、大雨でこの有様。
自転車のみならず機材一式泥でぐちゃぐちゃに。。
シューズのクリートに泥は詰まるし、
これが今大会一番改善してほしい事項かなあ。
もちろん主催者のせいではないし、
この大会のために全面舗装しろ、なんて言えるわけないのですが、、

そして開会式。

20111030_1_2
みんな寒そう

で、メイン会場からレーススタート地点までなんと12キロも離れてるので、
開会式もそこそこに、あっという間にパレード走行開始。
このあたりの段取りはテキパキというか、慌ただしいというか。。
まあ雨の降る中何十分も待たされても困るので、このほうがありがたい。
ちなみにパレード走行、「パレード」とは名ばかりで要するに移動区間だろ、
とか醒めた見方をしてたのだが、コース脇に家がある方ほとんどが沿道に出て
「がんばっていってらっしゃいー」と応援していただき、
ホントにパレード走行だった。ちょっと、いやかなりうれしい。

40分ほど走り、スタート地点到着。

20111030_3
雨は止まず、、

狭い道にスタート待ちの選手がぎゅうぎゅう状態。。
雨降り続いてるし、このまま何分も待たされるのはキツいなー、と思ってたら、
着くなり前の組からサクサクスタートし始めた。このへんの段取りもすごい。
が、寒かったしここに着いたあと一旦近くのトイレに行った人もたくさんいたけど、
あの選手達無事スタート時間まで戻って来れたんだろうか。。

ともあれ、自分も2組目にスタート!
スタート自体はかなり後方からになってしまったが、
スタート後は道幅も広く難なく前へ上がることができた。
このコース、試走で感じていたが、とにかくヒルクライムと言えるかどうか
という勾配の緩さ(15.4km、標高差419m、平均勾配2.7%)なので
集団から切れないことがまずは大前提。
案の定先頭付近はロードレース同様の集団を作って走行。
自分もそれを見越して岡国耐久、大山・ちくさの前半区間で
集団走行の練習をしつつ調整してきたつもり、
それが効果あったのか、自分でも気持ちいいくらい先頭集団前方で、
しかも余裕もってレースを展開できている。
ふと見ると横はMatrixの選手。
オープン参加なのであえて先頭を引いたりしなかったんだろうけど、
プロ選手と一緒の集団で走ってるなんて、それだけでテンションダダ上がりである。

約5キロ経過。徐々に集団も小さくなってきて10人くらいか、
自分もまだ集団内で走行、しかも余裕あり。
少し前に2人くらいアタックで抜け出してたのだが、
それを追って自分も飛び出そうか、と思うくらい。
でもそう思いつつも頭はすごく冷静、
このまま終盤までずっと緩斜面だし、ひたすら集団内に残り脚をためて、
最後1.5キロくらいからの本格的な登りで勝負をかければひょっとしてひょっとするかも?
うひょー、どうするよおれ、とか妄想しつつ、
コースはちょっと勾配のキツい右コーナー、
アウターでも行けなくなさそうだがここは落ち着いてインナーでいくかあ、
とFディレを操作したら、

ガチャン!ガシャシャシャ、、、

・・まじっすか。。

チェーンが落ちました。。へにょ〜!

・・いや、人間こういう時にとっさに叫ぶ言葉って
「くそっ!!」
なんですよ。さすがの自分も決して「へにょ〜!」とは叫ばないんですな。。
いや、そんなことはどうでもいい、自分生まれて初めてじゃないかっていうくらい大声で
叫びましたよ。「クソっ!!」て。
集団内にいた方には迷惑だったと思います、すいません。。

叫んだあとはわりと冷静になって、周りを確認しつつ道の脇に止まって
チェーン落ち修復。わりと短時間で復帰できたとは思うが、
すでに集団は遥か前方。。
それでも諦めず全力で追いかける。心拍もケイデンスも関係ない、
ハンドルもTTポジションでひたすら全開走行。
が、所詮単独、しかももともと平地はヘタレ丸出しのともじん、
全開で走ってもたいしてスピードは上がらず、同クラスの選手には全く追いつけず、
前から降ってくる一組前にスタートした選手を追い越すのが精一杯。。

そうこうしてるうちに、逆に後ろから同クラスの選手2人に追いつかれてしまった。
でもこの方が3人集団になって前を追いかけることができる、かえってラッキーかも。
速度も単独で走ってた時よりは明らかにアップ、
3人でローテーションしながら先頭集団復帰に望みをつなぐ。

ほどなく前に7、8人くらいの集団が見えてきて、
「追いついた?」と思いゼッケンを確認するも、
残念ながらやはり前のクラスの選手。。
その先の視界には集団の陰もカタチもなし。残り5キロ。
この時点で前を追うのは泣く泣く諦め、
この3人の中でアタマを取ることに気持ちを切り替える。
自分以外の2人はどちらかというとパワー系で
登りよりも平坦の方が強そうだ。
実際、緩斜面で自分が前に出ても「遅ぇよ」と言わんばかり
すぐに追い抜いて先頭固定牽き。ならばそれに甘えましょう、
と自分は緩斜面では無理せず後ろにつかせてもらう。
徐々にこう配がきつくなってくる残り2キロ地点。
ひとりはもう結構キツそう。
もう一人はまだ前で走ってるが、自分もわりと余裕でついていけてる。
残り1キロでキツそうだったひとりはいつの間にか脱落。
もう一人と一騎打ちになったが、
ゴールスプリントだとパワーでやられそうだったので、
残り500m、このコースで一番キツい10%勾配部分で前に出てそのままペースアップ。
なんとか500mもがき切り、前でゴール。
正直ぶっ倒れるかと思うくらい追い込んだ。ゴール後しばらく動けなくなるくらい。

20111030_6
ゴール後の待機場所。
ちなみにゴールしてからここに来るまでの上り坂が
本コースのどこよりもキツい激坂で、何その嫌がらせとか思った。。
いっそこの部分もコースに組み入れてくれたほうが気が楽かも

ゴール直後はあのチェーン落ちが悔しくて泣きそうなくらいだったが、
待機所で振る舞われた、

20111030_7
温かさが身体に染み渡りました。おいしかったー

イノシシ汁とおにぎりコロッケ(?)食べて
マッキーさんと合流して歓談してたら楽しくて
すっかり悔しさも吹き飛んでしまった。自分単純。。

1時間ちょい山頂で休んで、下山。
マッキーさんと一緒に下ったのだが、自分、
雨と待機所の未舗装グラウンドでクリートに砂がかんでしまい、
ペダルが嵌められないという、ともじんらしいへんにょりイベント発生。
なんとかクリート洗ったりして走りだすことができたのだが
下山集団から大幅に遅れてしまい、マッキーさんにも迷惑かけてしまった。
すいませんでした。へにょ〜。

ちなみに下山〜会場帰還へも、よく考えたら30キロ近く距離があるわけで、
雨は幸いにも小降りになったのだが、正直遠いなあ、と若干気が重かったのだが、
本コース、パレード区間ともに、朝と同様沿道の観客、
そしてスタッフの方が迎えてくれて
口々に「おかえりなさーい」と声をかけていただく。
中には手作りの応援グッズを持った子供達も。
もう本当これには感動!
雨で大変なのは選手だけでなく観客やスタッフの方も同じのはず。
本当おつかれさまです&ありがとうございます。
自分も出来るだけ感謝の気持ちを表そうと
手を振ったり、お礼をしたり。
そうしてたら30キロなどあっという間に会場に戻って来れることができた。
この沿道の応援、できれば今後も続いていってほしい。
これだけでこの大会に出場する価値があると思う。

会場に戻ってからはマッキーさん、ツイ友のPSFさんやyamaxとお話しし、閉会式。

20111030_4
伊東たけしさん!思春期の頃はT-SQUARE聴きまくってたなあ。。
まさか自転車つながりでこうしてお見かけできるとは

で、気になるリザルトは
タイム 33分57秒
クラス順位 11/123位
総合 50/456位
でした。
チェーン落ちしてなければもう少し、とも思うし
チェーン落ちしたわりには、とも思う。
そもそもリドレーさん&67アルテにして
一度もインナー変速時チェーン落ちなんてしたこと無かったんだよなあ、
なんでこの一番重要な時に、、とかいろいろ思うところはあるのだが、
ともあれ勝負事に「タラレバ泣き言」言っても仕方ないので、
これが自分の実力と認識して、気持ちを切り替え次に繋げようと思います。

もう今シーズンはほぼ終了だけどな。
そして自分のことなので来シーズンにはこんなことすっかり忘れてる。。へにょ〜。

というわけで、岡山初のビッグヒルクライムレースとなった
ヒルクライムチャレンジ2011高梁大会。
あいにくの天気で楽しさは8割がた奪われてしまった感じだが、
初開催のわりには運営もしっかりしてたし、
ウイークポイントかと思われた会場からコースへの遠さも、
パレード区間の暖かい応援のお陰で、
逆に当大会のセールスポイントになりそうな予感、
今後ますますいいイベントになりそうで楽しみです。
主催者、スタッフ、地元自治体・警察、参加者、そしてなにより
この大会をすごく好意的に盛り上げてくれた高梁市のみなさん、
本当にありがとうございました。
また来年お会いしましょう!

ーーー
おまけ。
恒例の参加賞紹介。

20111030_9
メインの賞品はヒルクライムチャレンジのロゴが入ったピンズ。
なかなか自転車レースの参加賞としては珍しいのでは。

20111030_8_2
同じくロゴ入りのクリアファイル。何気に重宝しそう。
左下のチケットは吹屋地区の周遊券。
ぜひ訪れてこの素晴らしい大会を開催してくれたお返しをしなくては。
真ん中下はbikebizのステッカー。
右の飲料は完走証と一緒にもらった。味は。。

そして謎なのがこのカード。。

20111030_10
まつ姫、サイクルジャージ着てるのはわかるけど、
ゆるキャラでもなく萌えキャラでもなく、、微妙・・

キャッシュカードサイズで丁寧にラミネート加工されてる。
ええっと、これはどうすれば。。
備中松山城でこれ見せればなんか特典あるんでしょうか?今度やってみるか。。
ーーー

|

« ヒルクライムチャレンジシリーズ2011高梁大会 参戦記_前日詳細編 | トップページ | ひとりスーパーメディオフォンド津黒ステージ_リベンジ編 »

レース・イベント参戦記」カテゴリの記事

ヒルクライム」カテゴリの記事

コメント

やはりバリバリのロードレース展開だったんですね!
チェーン落ちは雨の影響もあったんでしょうか?
でもこういう苦い経験も、今後のレースに絶対つながりますよ!
これをバネにアウターダンシング同好会に入ってみては(ヲイ)。

投稿: nagi | 2011年11月 1日 (火) 11時17分

怒濤の10月5連戦、ホントお疲れ様でした!
まさかのチェーン落ちという結果でしたが、これは来年飛躍するために「バネが縮んだ瞬間」だったのだと思いますよ!
来年のターゲットレースに向けていい経験ができ、対策も打てるではありませぬか。

そしてこの悔しさエネルギーは来年にとっておいて爆発させましょう!!
ワタシも出来る事があれば協力しますので~ヽ(^0^)ノ


あぁっライスコロッケってあったんですねぇ~食べ損ねたぁ~へにょー(笑)

投稿: マッキー | 2011年11月 1日 (火) 11時58分

nagiさんコメントありがとうございます。
いやー、完全にロードレースでしたねえ。
むしろ日本で数少ない公道ロードレースと
名乗った方がいいんじゃないでしょうか。
その方が注目度高まって人気が出るような気がします。

チェーン落ちは、レース後何回も確認したんですけど、
まったく再現する気配すらないんですよねえ、ホント不思議です。
雨で油切れ気味だった影響はあるかもしれませんね。
ともあれ、「まだまだ調子に乗んなよ」ということなんでしょう。
肝に銘じて、今後はアウターダンシングを極めたいと思います(?)

投稿: tomozin | 2011年11月 1日 (火) 19時42分

マッキーさんコメントありがとうございます
&高梁お疲れさまでした!

チェーン落ちは悔しかったですが、
マッキーさんのおっしゃるとおりいい経験になったし、
これをバネに今後に繋げていこうと、
新たなモチベーションになりました。
基本自分に甘いので、うっかりいい成績取ってしまうと
これで満足してしまいそうなので。。

対策としては、現在予約してる電動アルテに換装すれば
こういうことも無くなるんじゃないかと。
・・って結局モノに頼るのかよ。へにょ〜。

投稿: tomozin | 2011年11月 1日 (火) 19時49分

はじめまして高梁の平松と申します。ヒルクライムお疲れさまでした。宇治町元仲田邸前の下りで観戦したのですが、自転車レースを見るのは初めてで、スピードに驚きました。感動!です。良い物見させて頂きました。写真も偶然tomozinさんを撮れていたようで、グログやらツイッターやら失礼しました。高梁市も運営が初めてでしたので、失礼があったと思いますが、今後は改善し高梁ヒルクライム独自の運営が出来たらと思います。また高梁にはしりにきてください。

投稿: ででで電 | 2011年11月 2日 (水) 08時43分

平松様、コメントありがとうございます。
ツイッターの方もフォローいただき感謝です。
高梁ヒルクライム、あいにくの天気でしたが、
それにも関わらずスタッフさんの懸命のサポートや
沿道のみなさんの応援は本当に感動しました。
このような素晴らしい大会が地元岡山で生まれて、
今後もすごく楽しみです。

ブログの写真の方は全然大丈夫です。
自転車乗りはなかなか自分が走ってるところって見れないので、
こうやって写真が掲載されるとうれしいです。

高梁市周辺はヒルクライムコース以外も自転車で楽しめる
ところが数多くありそうですね。
また近いうちにサイクリングに伺いたいと思います。

あらためて当大会の開催、お疲れさまでした&ありがとうございました!

投稿: tomozin | 2011年11月 2日 (水) 18時40分

はじめまして。徳島から参加しておりましたが、タイムと順位からしておそらく一緒に走っていただいたかと思います。
どうもお世話になりました。私は残り1.5㎞あたりの勾配がきつくなるあたりで千切れましたが、高速ヒルクラは雨でも楽しかったですね。またどこかでよろしくお願いします。

投稿: とんじん | 2011年11月 2日 (水) 19時10分

とんじんさん、はじめまして!コメントありがとうございます。
スタート後メイン集団で一緒に走ってた方ですね。お世話になりました。
自分は5キロ過ぎで脱落してしまいましたが、
それまではまさにロードレース展開で、
走っててとてもテンションの上がる、興奮の展開でした。

雨の中大変なレースになってしまいましたが、
徳島から遠路はるばるおつかれさまでした。
またどこかのレースでお会いできるかもしれませんね、
その際はどうぞよろしくお願いします。

投稿: tomozin | 2011年11月 3日 (木) 23時08分

ともじんさん初めまして
ヒルクライムチャレンジのブログを検索してて辿り着きました。

高梁大会、お疲れ様でした。
ロード歴数週間というへっぽこですが、完走することを目標に何とか頑張れました
周りの方々との力の差に愕然としましたが…初心者過ぎましたね。
高梁大会は5年連続で開催されるとのことで、来年はもう少しタイムを縮めたいところです。

当日はあいにくの雨でしたが、沿道の方々の応援に励まされ素晴らしい大会になりましたね。
あの声援だけでも参加した甲斐がありました

では、これからもブログ楽しみにしています

投稿: numb | 2011年11月11日 (金) 21時47分

numbさん、コメントありがとうございます!
ブログも見ていただき感謝です。

高梁ヒルクライムお疲れさまでしたー。
いや、ロード乗り始めて数週間で
あのコースを完走できるのはスゴイと思いますよ。
自分は走り始めた頃は、坂道は見るのもイヤでした。。

高梁の大会は本当に運営や応援が素晴らしくて、
必ず毎年出場しようと思ってます。
岡山は他にもサイクルイベントたくさん開催されてるので、
またどこかでご一緒できればよろしくお願いします。

投稿: tomozin | 2011年11月13日 (日) 16時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒルクライムチャレンジシリーズ2011高梁大会 参戦記_当日詳細編:

« ヒルクライムチャレンジシリーズ2011高梁大会 参戦記_前日詳細編 | トップページ | ひとりスーパーメディオフォンド津黒ステージ_リベンジ編 »