« 金山&高倉山登り練 | トップページ | ヒルクライムチャレンジシリーズ2011高梁大会 参戦記_速報編 »

2011年10月23日 (日)

第11回ちくさ高原ヒルクライム 参戦記

本日10月23日、兵庫県宍粟市で開催されたちくさ高原ヒルクライムに参戦してきました。
これで10月レース5連戦の4戦目。自分で言うのもナンだが、よくやるわホント。。

朝5時過ぎに出発して7時半前に到着。
前日から未明までかなりの雨が降っていたが、天気予報では回復するはず。
行きの山陽道ではまだ雨が残ってたが、
会場周辺はなんとか持ってくれてる感じでまずは安心。

20111023_1
いつもの会場からの眺め。この景色もお馴染みになってきた

春秋と年2回開催されてるこの大会、今回で出場4回目で、
自分の中では一番回数の多い大会に。雰囲気にもすっかり慣れてきた。
今回はチーム酒一筋メンバー、マッキーさんも参加されてて早速会場でご挨拶。
マッキーさん、今回トルク走行の練習で11-23Tスプロケで望むらしい。すごい。。

前回、前々回と1本だけ走るクラスで出場してたのだが、
今回はガッツリ2本クラスでエントリー。
このクラス、とても草レースとは思えない高いレベルに加えて、
どうも自分2本目でヘタれてしまう傾向があるので順位は望むべくもないが、
今回はいよいよ来週に迫った高梁ヒルクライムの
最終調整としての位置づけなので、順位はとにかく自分の走りに集中して、
あとはレース勘を磨くのがメインの目的。
特に1本目は序盤平坦でロードレース展開になるので、
そこを巧く走る練習をして、緩斜面で同じ展開になりそうな高梁に備えたい。

というわけで、こじんまりしたこの大会、開会式とかも特には無く、
全員集合したらさくっとスタート地点まで下って、

20111023_2
1本目スタート地点。通常のヒルクラとは逆で、いきなり下山するので寒い。
長袖はもちろん、長指グローブつけてて正解だった

いよいよスタート!とかいう緊張感も無く、さくっとスタート。
今回は無理せず中程からスタートしたのだが、
全クラス同時スタートなので、人数少ないと言っても100人弱の集団走行。
油断するとすぐ中切れが起きてしまうので、
それに注意してメイン集団についていく。

今までは2、3キロで集団について行けず切れてしまってたのだが、
今回は先頭のスピードがそれほどでもないのか、
ついていくだけなら問題なくできた。
でも気がつくと集団後方に押し戻されてて、
そこで中切れが起きそうになってあわててダッシュで前に上がるというのを
何回かさせられて脚を使ってしまう。
まだまだ集団走行のテクニックが未熟だな。。

そうこうしてるうちに6キロ過ぎて本格的な登り区間に。
いままでメイン集団につけてたので、このまま行けるか、と淡い期待をしてたのだが、
そんなに生易しくはなく。。
勾配キツくなったところで集団ブツブツになり自分もあっさりちぎれる。へにょ〜。
集団からちぎれてからの登り走行だけに、毎度のことながらここからがキツい。
今まではここで焦って無理してさらに失速、、というパターンだったので、
今回はとにかく自分のペースを守って走ることに専念する。
前の選手に追いついたり、後ろから抜かれたりもするのだが、
基本気にせず淡々と走行。

それが良かったのかどうかは分からないが、
最後1.5キロの10%区間もタレずに走れて、まずは1本目ゴール。
タイムは37分42秒。クラス46人中18位?うーん、自分的にはこんなもんか。

1本目ゴールして少しのインターバルのあと、今度は登り区間だけの2本目なのだが、
1本目終盤くらいからポツポツきてた雨がここで結構な本降りに。。
霧雨みたいな感じでずぶ濡れにはならないのだが、地味に体温奪われて、寒い。。
インターバルの間に体が冷えると良くないので、ある程度脚を回しておきたかったのだが
雨で思うように走れないし、じっとしてるとこれまたどんどん冷えるしで、へにょ〜。
面倒がらずローラー持ってくるべきだったか。失敗。

というわけで、2本目スタート。

20111023_3
2本目スタート地点。標高下がると雨は小降りなんだが

2本目はいきなり登り区間が始まるので、1本目のような集団走行にはこだわらず、
とは思ってたのだが、いきなり豪快にちぎれてしまった。。
ていうか、脚が全然回らない。。心拍も追い込んでるつもりなのに170bpm前後とか、あー、

完全に身体冷えてるわ。。へにょ〜。

ただでさえ自分、間にインターバルあると脚が回りにくくなるのだが、
今回はそれに加えて雨が降ってきて、完全にアップ不足な状態に。。
石鎚の時は逆に1本目がダメだったし、やっぱり自分は2本制は苦手だ。
ともあれ、ボヤいても仕方ないので気を取り直して
自分のペースを取り戻すべく集中して走行。
そうしたら残り3キロくらいで体が暖まり直したのか、
ようやく脚も回るようになって追い込むことができたが、
いかんせん時すでに遅し。。
1本目では勝ててた選手にも何人か先着され、
27分54秒でゴール。順位は46人中24位。。

20111023_4
ゴール地点。霧雨相変わらずで寒い寒い、、

というわけで、結局2本合計のタイムは
1時間5分36秒でクラス46人中21位でした。

久しぶりの定位置真ん中らへんゲット!

・・順位は気にしないつもりだったが、
正直もうちょっと上にいけるかと思ってたので、へにょ〜。
にしてもこの大会、やっぱりレベル高いですな。
今年は自分いろんなヒルクライムレースに出てるけど、
もちろん絶対的なトップ選手の層は乗鞍などが勝るだろうが、
レースのレベル偏差値みたいなのがあれば、この大会が断トツで一番じゃないだろうか。
他の大会でいう、チャンピオンクラスしか無い感じ。。
もちろんそんな高レベルの選手に揉まれて走るのはいい練習になるし、学ぶことも多い。
運営もすっかりこなれてきてスムーズだし、
自分のレベルを定点観測できるイベントとして最適の場だと思う。
これからも定期的に参加したい。

そして高梁に向けての調整という意味でもバッチリこなすことができて満足。
いよいよ来週は今シーズン最終目標のヒルクライムチャレンジ高梁、
初開催でどうなるか全く予想つかないが、
ここまでは自分の理想どおりの調整ができてるので、
悔いの無い走りをして精一杯楽しみたいと思います!

おまけ。
恒例の参加紹介。

20111023_6
もはや安心のCCDパウダー。
重宝します。ありがとうございます。

|

« 金山&高倉山登り練 | トップページ | ヒルクライムチャレンジシリーズ2011高梁大会 参戦記_速報編 »

レース・イベント参戦記」カテゴリの記事

ヒルクライム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第11回ちくさ高原ヒルクライム 参戦記:

« 金山&高倉山登り練 | トップページ | ヒルクライムチャレンジシリーズ2011高梁大会 参戦記_速報編 »