« スーパーメディオフォンド津黒2011参戦記 | トップページ | 六甲山、有馬方面サイクリング »

2011年8月 7日 (日)

大佐・蒜山山岳練

がっくしのスーパーメディオフォンド津黒だったが、
なぜかその後(しかも翌日)から気持ち悪いくらい調子が上向き、
平日夕練でもいつもの坂道が1枚重いギヤでゴリゴリ登れる。
なんでこの調子が津黒で出ないんだ、、とボヤいても仕方ないので、
そのぶんも取り戻すべく、6日土曜はふたたび県北まで出向いて山練することに。

今回は大佐山ふもとを拠点にして、まずは山頂へヒルクライム。
大佐山、一時期ヒルクライムレースが行なわれていて
自分も参加してたので、ある程度勝手が分かっててやりやすい。
ふもとの温泉の駐車場にクルマを停めて、いざ山頂へ、と山を見上げたら、、

20110806_1
霧というか、雲のなか

全く山頂見えないんだが、大丈夫だろうか。。
とりあえず危なそうだったら素直に引き返すことにして、スタート。
大佐山、登るのは2年前のヒルクライムレースぶりだったが、
改めて登ると結構キツい。
平均斜度も9%ほどとかなりなのだが、ガーミンの傾斜計では
常に10%以上の値だった印象が。。
若干の下りがあるものの、ほぼ勾配の変化もなく休むところがない。
それでも脚はフレッシュだし、あまり追い込まず登ったので
終始楽しく走れて山頂に到着。
ここは360°見渡せる景色もなかなかの絶景で
今回の目的のひとつ。早速展望台に上がってみたら、、

20110806_2
まっしろ〜

・・まあ、ふもとからの様子を見てある程度予想はしてたのだが、
なにも見えません、、へにょ〜。
走ってる時は視界とか全く大丈夫だったのだが、
やっぱり雲の中だったんだな。。

ともあれメインの大佐山登頂は無事成功、
ただ、これで終わるのは物足りなかったので、
下山したのちr58で北上、坂路峠を走ってみる。
この峠、大佐と新庄を結んでる(一応)主要県道なのだが
なかなかの峡路悪路でクルマの往来はほとんど無し、
周りも木々に囲まれ直射日光が遮られて、
脇の清流とあいまって涼しく、自転車で走るのには
オススメの峠。
以前クルマで通った時は狭いし暗いし走るのが怖かったのだが、
自転車だと思いのほか快適な道だった。

20110806_3
峠全編こんな雰囲気。清流の音とマイナスイオンが疲れを忘れさせてくれる

20110806_4
坂路峠。大佐側からだと距離が長く、新庄側はカーブも多くテクニカルな印象

無事坂路峠を越え、新庄村へ。

20110806_5
新庄村、この通りのがいせん桜が有名

20110806_6
人口1000人にも満たない小さな村。
実は親の故郷なのでこの辺りはなにげに詳しい

↑の写真からほんの少し行けば祖母の家なのだが、
いきなり自転車で(しかも変な恰好で)行って
ビックリして倒れられても困るので、今回はスルー。
さらにr58を北上して今度は野土路峠を通過。

20110806_7
野土路峠。GWにも訪れたが何度見ても絶景

そのまま蒜山に突入し、本日2つ目の目的地、
蒜山ジャージーランドへ。

20110806_8
夏休み期間中のわりには空いてました

目的はコレ。

20110806_9
10万本のヒマワリ畑

この夏、ツールドフランス気分を味わうべく
片鉄備中国分寺を訪れては、微妙な感じでアレだったのだが、
今回のはなかなか。まわりの広大な風景とあいまってかなりのツール気分である。
このヒマワリ、チーム酒一筋仲間のマッキーさんに教えていただいた情報なのだが、
大佐からの距離標高的にもちょうどよく、いい目的地になった。ありがとうございます。

20110806_10
ヒマワリ畑とリドレーさん

というわけで、ヒマワリも見れて満足。
あとは来た道を引き返そうかとも思ったのだが、
なんか脚の調子もいいし、もう少し走ろうと
R313で湯原、勝山方面を回って帰ることに。
かなりの大回りになるが、ほぼ下り基調なので
まあ大丈夫だろう。

20110806_11
津黒高原入り口。先週の悔しさがよみがえる。。
リベンジしに走りに行きたいが、今日は無理せずスルー。またいつか行こう

20110806_12
湯原温泉砂湯とリドレーさん。すごく温泉入りたかったが、
ここで入るとこれ以上走りたくなくなりそうだったので、この写真だけ撮ってUターン

R313を快速ダウンヒルでさくっと勝山到着、、
といきたかったのだが、向かい風が強くかなり脚を使ってしまうことに。
距離もこの時点でほぼ100キロ、
暑さもあって勝山から大佐までのr32ではかなりペースダウンしてしまった。。
あいかわらずスタミナがない。。弱いなあ自分、、へにょ〜。

それでも先週のような体調不良に陥ることもなく、
懸念された暑さは近くに流れてた川に飛び込むという荒技でカバーして、
無事スタート地点に帰還。
結局距離131キロ、獲得標高1830mでした。(詳細ログ
正直終盤はかなりキツかったが、先週はキツいとかどうとか言う前に
全く追い込むことすらできなかったので、
それに比べると、このキツさが大満足。
ゴールした後も、すぐ敷地内の温泉で疲れをとることができ、快適。
大佐山拠点のサイクリングはかなりアリかも知れない。
また来ようと思う。

・・と、今回の走行で満足してしまい、
日曜は近所の金山を上っただけ、距離34キロ、獲得490mでおしまい。。
ダメじゃん、へにょ〜。

|

« スーパーメディオフォンド津黒2011参戦記 | トップページ | 六甲山、有馬方面サイクリング »

ヒルクライム」カテゴリの記事

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

ひまわりとリドレーさん(・∀・)イイネ!
復調したようでホントよかったですね!!
このコースはかなり気持ちよさそう~ヽ(´▽`)/
このルート参考にさせてもらいますね~(゚▽゚*)

投稿: マッキー | 2011年8月 9日 (火) 02時27分

マッキーさんコメントありがとうございます。
マッキーさんのヒマワリ情報がなければ新庄村付近をウロウロして
終わろうかと思ってたのですが、蒜山まで行ってみてよかったです。
ホントあの辺りはどこを走っても走りやすく楽しめるので、
また近いうちに行ってみようと思います。
今度はもう少し登りを追加してみたいですね〜。

投稿: tomozin | 2011年8月 9日 (火) 19時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大佐・蒜山山岳練:

« スーパーメディオフォンド津黒2011参戦記 | トップページ | 六甲山、有馬方面サイクリング »