« 第26回全日本マウンテンサイクリングin乗鞍 参戦記 (とりあえずご報告編) | トップページ | 第26回全日本マウンテンサイクリングin乗鞍 参戦記 (レース編) »

2011年8月30日 (火)

第26回全日本マウンテンサイクリングin乗鞍 参戦記 (受付編)

「とりあえずご報告編」でダイジェストをお伝えしましたが、改めて、
8/27,28の2日間、アマチュアヒルクライムレースの最高峰、
全日本マウンテンサイクリングin乗鞍に参加してきました。

サイクリストなら一度は出てみてもいいかな、と軽い気持ちで応募、
クジ運ないので多分抽選落ちだろうな、と思ってたらあっさり当選。うおっつ。。
あわあわしつつ奇跡的に会場近くの宿を確保。
とにかく出場者何千人規模のメジャーヒルクライムレースに出るのが初めて、
ていうか、ここまで遠方のレースに行くのも初めて、
さらにていうか、自転車どうこう以前に、
標高2000m以上の高地に行くのすら生まれて初めてという、
初めてづくしで大丈夫かよ、と自分で不安になりつつ、
まずはレース前日27日、受付のため朝6時に岡山を出発。
目指すは550キロ先の乗鞍高原。

ちなみにグーグルマップなどで調べたところ、
関西・中国方面から乗鞍へは名古屋から
中央道経由と東海北陸道経由の二つがあるっぽく、
東海北陸道経由のほうが50キロほど短かったので、
そちらを選んだところ、、

多分、失敗。。へにょ〜。

一般道に下りてから飛騨高山を突っ切るルートになってしまい、
夏休み最後の週末とあって観光客で道も渋滞しており、タイムロス。。
高山も風情ありそうなところで、このまま観光したくなるが、今回は乗鞍。
本日17時までに受付済まさないと走ることすらできなくなってしまう。。
安全運転しつつ、先を急ぐ。
・・が、お腹減ったのでお昼ごはん、、このへんだと高山ラーメンか飛騨牛?
と食べるところ探してたら、気がついたら、

20110827_1
どこだここは。乗鞍ではないな

なんか鍾乳洞の観光地みたいなところについた。
乗鞍行く気あるのか自分。。ともあれ、鍾乳洞横の食堂で無事昼食。
ラーメンか肉どっちにしようかな〜、と迷った挙げ句、

20110827_4
ヒルクライムレース前日の食事ではない

結局両方食す。うめぇ、特に牛丼。飛騨牛最高。
と、すっかり満足、さて鍾乳洞で涼んでお土産買って帰るか。

違う。

乗鞍に行くんだった。安全運転しつつ、先を急ぐ(2度目)。
「←乗鞍スカイライン」の看板に誘導されそうになるも
こっちではないと踏みとどまり、無事14時すぎに乗鞍高原到着。
そのまま宿にクルマを置いて自転車降ろし、
リドレーさんで会場に到着、受付完了。

ケミカルウォッシュジャージで。

いや、レースはチームジャージである酒一筋ジャージで走る予定だが、
前日はこっちで。。ツイッターとかではこっちのほうが浸透してるみたいだし、
フォロワーさんに見つけてもらいやすいかと。

と、言ってるそばからすっかりいろんな場面でお世話になってるnagiさんと合流。
もちろんnagiさんも、

ケミカルウォッシュジャージ着用。

なんでも家から着てきたとか。もう普段着になってるし。。
というわけで、

20110827_2
隠すほどの社会的地位はないですが、見せるほどの顔でもないので、
とりあえずツイッターアイコンかぶせときました

ケミカルウォッシャーズ、聖地乗鞍に集結!

まあ、この日はこれがやりたかっただけとも言える。満足。
でもnagiさんお盆くらいから脚の調子が良くないみたいだけど大丈夫かな?

そして、さらにツイッターで相互フォローさせていただいてる
凌天転さんともお会いすることができた。はじめまして。
というわけで、、

20110827_3
まちがった初顔合わせ写真

・・・。まあ、そんなこんなでみなさんと楽しく過ごすことができ、
本日はひとまず会場離脱、宿にチェックイン。
ちなみにペンションタイプの宿に泊まるのも初めて、
みんな集合しての夕食に少し緊張しつつ、
でも部屋はとても快適で、明日に備えて早めに就寝。おやすみなさい。

(レース編)に続く

|

« 第26回全日本マウンテンサイクリングin乗鞍 参戦記 (とりあえずご報告編) | トップページ | 第26回全日本マウンテンサイクリングin乗鞍 参戦記 (レース編) »

レース・イベント参戦記」カテゴリの記事

ヒルクライム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第26回全日本マウンテンサイクリングin乗鞍 参戦記 (受付編):

« 第26回全日本マウンテンサイクリングin乗鞍 参戦記 (とりあえずご報告編) | トップページ | 第26回全日本マウンテンサイクリングin乗鞍 参戦記 (レース編) »