« ダルガ峰他山岳練 | トップページ | 大佐・蒜山山岳練 »

2011年7月31日 (日)

スーパーメディオフォンド津黒2011参戦記

飯南ヒルクライムに続き、今月2回目のイベント、
スーパーメディオフォンド津黒ステージに参加してきました。
このイベント、去年はハーフコースで参加してそこそこの走りができたので、
今年はステップアップしてロングコースにチャレンジ。
約100キロで標高差2600m超を登る、自分のレベルではかなり過酷なコース。
コースプロフィールに加えて、この時期の猛暑も暑さに弱い自分には懸念ポイントで、
飯南が終わってからは、この大会に向けてかなり重点的に調整したつもり。
狙うはただひとつ、「完走」。以上。

で、やり始めると度が越してしまいがちになる自分、
その用意周到さがあさっての方向を向いてしまい、

三朝温泉に宿をとって前泊することに。。

いやあ、だって朝早いし、なんか安い宿見つけたし、
温泉入れば当日エクストラパワー出るんじゃないか、
と自分に言い訳してるが、地元岡山からの参加者で前泊した人なんて
他にいないだろうな、しかも場所が三朝とか。。

20110731_1
三朝温泉街。ひなびたいい雰囲気の街並でした。
そのぶんひとりで行くとなんか逃避行みたいになって少しヘコむ・・

そして当日、三朝から津黒まではクルマで30分くらいなので
ゆっくり眠ることができ、朝6時出発。
出発前に温泉に入って身体のアップも完了。ここまでは完璧な準備。。

会場着。去年以上の盛況っぷり。

20110731_2
ロングコースは締切前に定員になったらしい。そんなの初めてじゃなかろうか

20110731_3
津黒でのリドレーさん。今回はハブ毛インストール

5月の耐久でお世話になったチーム酒一筋のオーナー兼キャプテン兼エースの
TOSHIさんとも無事合流。
もちろん自分も今回はケミカルウォッシャーズではなく、
チーム酒一筋として参戦。このジャージを着たからには恥ずかしい走りはできない。。
ともあれ、知り合いの方とも挨拶しつつ、受付、競技説明を受ける。
ちなみに競技説明のとき、「調子悪い時は無理しすぎずリタイヤする勇気も必要です」
と言ってたのがなぜか妙に頭に残る。。

そうこうしてるうちにスタート。
そして走り始めてすぐ気付きました。

あ、今日体調やべえ。。へにょ〜。

なぜか自分、年に数回、「体調おかしくてどうしようもなく走れない日」があり、
本日ドンピシャでそれに当たってしまったらしい。
情け無いことにその理由がいまだにわからないのだが、
夏になることが多いので暑さも原因のひとつだとは思う。でも冬にもある。。
脚腰が痛いとか、外科的な問題ではなく、内科的な何か。
内蔵がうまく働いてくれなくて身体に力が入らない感じ。
で、水分補給もうまくできないのでいよいよ熱中症気味になって
走れなくなるという。。

序盤も序盤、森林公園辺りであっさりTOSHIさんからもちぎれ、
早くも第1CPでフラフラに。。

20110731_5
第1チェックポイント。それでもまだ写真撮る余裕はあったのだが・・

とにかく無理をせずマイペースで走るが回復する様子無し。。
第2CPでコースをショートカットしてミドルコースに変更も考えたが、
まだなんとかいけそうか、とそのままロングコースへ。
が、やはり回復の見込み無し。。
第2CP後はもうどこでリタイヤしようかだけを考えて走る始末。
第3CPは通過したものの、第4CP前の緩斜面でもう全く力が入らなくなり、決断。

第4CPでリタイヤ。自身初のイベントDNF。へにょ〜。

第4CP超えるとあと10キロほどでゴールなのだが、
そのうち5キロの峠がこのコース一番の難所、
無理して走ると周りに迷惑かけそうだったし、
そんな状況で完走してもとても完走とはいえないと思ったので、
残り少しで本当に無念なのだが、泣く泣く回収車へ。
クルマに乗るとき悔しさと情けなさでホント泣きそうになった。。
ツールドフランスとかでリタイヤして泣きながら
クルマに乗り込む選手の気持ちが少しわかった気がする。。
しかも回収車もコースを走って会場に戻るので、
最後の峠をがんばってる、今まで共に走ってた選手が次々に現れて、
これがまた何ともいえない気分になる。。
みんなこんなにがんばってるのになんで自分クルマに乗ってるんだ。。へにょ〜。

と、今回は残念な結果になったが、いい経験になったとは思う。
とりあえず自分のこの謎の体調不良と暑さに弱いのを本気で対策しないとダメだ。
そしてこれをバネにさらに練習積んで次回リベンジしたいと思う。

そして、今回も主催者・スタッフさんのすばらしい運営に感謝。
特に、いよいよ体調おかしくなってダウンした自分を親切に対応してくれた
第4CPのスタッフの方ありがとうございました。
回収車の方も気さくで楽しい方だった。
マウンテンバイクのインストラクターだとか。
MTB始めることになったらぜひ訪れてみよう。

おまけ。
恒例の参加賞紹介。

20110731_6
はい、定番のCCD3袋。助かります。

20110731_7
が、×2で6袋。。
いや、もう3袋は前日になって都合で参加できなくなってしまった
マッキーさんのぶんです。
「使っていいですよ」と連絡いただきましたが、
買わなくてもドンドン増えていくCCD、
多分使いきることはないので、今度お会いしたときお渡しします。

|

« ダルガ峰他山岳練 | トップページ | 大佐・蒜山山岳練 »

レース・イベント参戦記」カテゴリの記事

コメント

本日はお疲れ様でした。
DNFは残念だと思いますが、無事帰宅されてなによりです。

暑い日が続きますが、体にはお気をつけ下さい。

健康あってのロードバイクです。

今シーズン私は土、日の仕事が多くイベント参加できていませんが
またお会いしましたら宜しくお願いします。

ちなみに3年くらい前、メディオフォンド津黒ステージが秋に開催だったころ
地元ですが同じく温泉に入りたく一人で前泊しました。(笑)

投稿: おじん | 2011年7月31日 (日) 23時30分

おじんさんコメントありがとうございます。
今回は標高差に目がくらんでその調整に集中するあまり
肝心の体調管理がおろそかになったと反省しています。
これを教訓に、今後も健康には気をつけて
ロードバイク楽しみたいと思ってます。

おじんさんもお仕事大変そうですが、
無理せずおすごしください。
時間が合えばまたイベントでご一緒しましょう。
その時はこちらこそよろしくお願いします。

あと、津黒前泊仲間がこんな身近にいて安心しました(笑)。
あの辺りは温泉三昧ですものね。
今度は湯原に泊まろうと思います(笑)。

投稿: tomozin | 2011年8月 1日 (月) 23時10分

ケミカルtomozinさん、お疲れ様でした。
今回は残念でしたね~。あらゆる大会で上位に入るtomozinさんでも、こういうことがあるんですね。人生初DNF、悔しいですね。でも、ぜひこれをバネにして次、頑張りましょう。乗鞍ヒルクライムに向けて、またまた元気に復活したtomozinさんを応援しています。ファイトだへにょ~!

投稿: じょにお | 2011年8月 1日 (月) 23時19分

じょにおさん、コメントありがとうございます。
レース前ご挨拶したときに「いやあ完走できるか不安ですよー」
なんて笑って言ってましたが、まさかホントに完走できないとは
自分でビックリです。まさに、へにょ〜。
ともあれ、最近どうも自分過大評価されてるフシがあったので、
ここでしっかりヘタレをイメージづけることができて、
ある意味よかったです。いやホント。へにょ〜。

また次回のイベントでお会いできるのを楽しみにしています。
今度はケミカルウォッシュジャージも持っていくので
よかったら着てください。でわへにょ〜。

投稿: tomozin | 2011年8月 1日 (月) 23時59分

SMF津黒、今回は本当に残念でしたね。。でも自ら決断した事は本当に立派です!!
厳しいけれど不思議と戻りたくなるあの津黒コース、来年はリベンジしましょう!
下りや平地ではアシストしますので!・・・ってほぼ登りばかりじゃん(;´д`)トホホ…
よかったら紅葉の頃一度チームで試走しましょうね~

三朝温泉の妖しい雰囲気、たしかに島耕作的ですね(;´▽`A``

投稿: マッキー | 2011年8月 9日 (火) 02時39分

マッキーさんコメントありがとうございます。
マッキーさんも直前になって参加できず残念でした。
自分は単に実力不足だったので仕方ないですが、
マッキーさんは十分成績を残せるはずだっただけに、悔しかったでしょう。
涼しくなった頃、よろしければぜひ試走しましょう。
津黒を走りきるコツの伝授お願いします〜。

投稿: tomozin | 2011年8月 9日 (火) 19時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スーパーメディオフォンド津黒2011参戦記:

« ダルガ峰他山岳練 | トップページ | 大佐・蒜山山岳練 »